HOME > 塾長ブログ > 教室紹介 > 2018年斗満学院の選び方(後半)

塾長ブログ

< 2018年斗満学院の選び方(前半)  |  一覧へ戻る

2018年斗満学院の選び方(後半)

8教室ある斗満学院。お住まいによってどちらの教室に通えばいいのか迷われる方もいるかもしれない。そこで、塾長馬渕がそれぞれの教室の特徴を紹介しますね、の第四弾。
 
今春は若干の異動があったので、それも含めて一挙に紹介しちゃいます。全部まとめて8教室です。「斗満学院の選び方2018(前半)」で4つ紹介したので、では残りの4教室をご紹介します。
 
 
トータル5つめ「上石神井教室」。斗満学院の古参、前岡が育ててきた教室です。
この前岡。とにかく我慢強い男で、生徒さんを見捨てるってことが決してない。大手の塾さんによくある「とりあえず通わせて月謝は取ろう」というところが全くはなくてね、なんとか更正を促す。諭す。
 
もう僕なんて見ているだけでじれったくて「あーん、ブッとばしちまえよ」って思っちゃうんですけれど(←思うだけですよ。あくまで思うだけですよ)、前岡の場合は諦めることなく諭す、諭す。これを継続して何度も何度も繰り返す。この忍耐強さ。

※ブッとばすのは禁止です
 
もうね、勉強苦手な子はね、変な個別指導の塾に通って無駄に大金払わされるくらいなら、その前に絶対上石神井教室を試してほしいと思います。それくらい自信満々。
 
で、2018年、さらに強力な人材が登場します。大泉南教室室長だった中村が今シーズンからこの上石神井教室の教室長です。ちょっと暑苦しい男なんですけれど、努力を強いる姿勢のブレなさ加減がとても好き。授業スキルも合格実績も申し分ありません。
 
え? 前岡はどこに行っちゃうの?
 
大丈夫です。前岡もちゃんとこの教室におります。前岡ファンの皆様、ご安心ください。
 
前岡の教室運営が僕は大好きで、このスタイルを斗満学院全体のスタイルにできたらなぁ、という目論見。上石神井だけでなく他の教室の運営指導もしてもらうことにしたという次第です。
 
中村の熱血指導と、前岡の決してあきらめない、穏やかで丁寧な運営がミックスするとどうなるのか。ものすごく楽しみ。何度も言って申し訳ないんですけれど、勉強が苦手な子は上石神井教室が一番です(あ、もちろん得意な子も待ってますよー)。
 
 
 
 
続いて「大泉南教室」。開校丸2年経った教室です。
久保田というものが教室を仕切ります。
 
おそらく斗満学院で最も温厚な久保田。
おそらく斗満学院で最も丁寧に説明ができる久保田。
おそらく斗満学院で、馬渕と真逆の久保田。
 
開校して日が浅いということもあり生徒さんも少なめです。教室長の久保田も初室長ということもあって物足りなく感じるところもあるかもしれませんが、その分きっと初心が生きる教室になると思います。

どんな塾を必要とするのか。それは生徒さんによっても違うんです。生活習慣が全然ダメで勉強時間が少ないって子は、中村だとか松本だとか、生活指導の厳しいところがいい。
そうではなくて、例えば勉強時間は十分、でも理解が遅い子、いますよねえ。本当は個別指導でじっくりみて欲しいんだけれど、個別塾だと値段が高いし結局時間が短いし。

こういう子は今年の大泉南がオススメです。
 
2018年シーズンは、少なめの生徒さんをじっくりと丁寧に見てあげて欲しいなあ。
 
初めて担当する教室。その1年目の生徒さんは一生忘れられない生徒さんになるからね。
 
コンパクトだけれど十分な自習スペースがあります。おとなし目の生徒さんにオススメの教室です。


 
 
7つめ、「石神井台教室」
2017年シーズンまで吉澤が担当していた教室です。石神井台で吉澤と一緒に働いている「石神井台の黒いプーさん」こと宮澤が2018年はこの教室を仕切ります。指導上司は当然吉澤。皆様、ご安心を。

※本当に黒いんでビックリされる前に軽く注意を。入社の採用面接の前に「履歴書の顔写真が黒すぎる」という理不尽な理由で書類落ちしかけたショッぱい過去があります。
 
いつも生徒さんでいっぱいの活気のある教室です。指導スタイルは隣接の上石神井や大泉南とは違っていて、まさに体育会のノリ。宮澤のキャラからいっても吉澤スタイルになることは間違いないので、もう元気が良くてスポーツの部活に入っている子が汗臭いまま塾に駆け込んで勉強する、みたいな感じになりそうかなぁ。僕も2シーズン前はこの教室で授業を持っていたということもあってよく知っているんですけれど、はっきり言ってこれで間違いないと思います(あー、あの時の子たちが今春受験だったんだね〜。みんな元気かなぁ〜)。
 
この石神井台教室、隣接の上石神井教室、大泉南教室。上中、西中、石中、大二中の生徒さんが大部分だと思いますが、非常に近い範囲にある上に、教室の雰囲気が随分異なるものですから、もし体験授業を受けられる場合は、その部分も含めてご覧いただくのがいいかと思います。「あれ?」と思ったらその隣の教室ものぞいてみて下さいね。おとなし目の子は大泉南の方がオススメですし、元気な男の子なんかは石神井台かなあ。あるいは安定の上石神井か。ここは失敗が少なさそう。

 
色々選べるのも斗満学院です(ただしコースは選べません爆)。
 

 
 
最後に、「久米川教室」。昨年の夏からスタートした一番新しくて大きな教室です。
しかも「杉並」「練馬」といった、僕らのテリトリーからはるかに離れた久米川に斗満学院が登場です!
 
って余裕ブッこいていたんですけれど、いやー、1年目は渋かったな。あまりに知名度がなさすぎた。
 
しかしですねえ、この教室も何年か後には生徒さんでいっぱいの賑やかな教室になると思う。確信。
 
1年目の、このだーれも知らない斗満学院とかいう塾に、初めはほぼ騙されるような気持ちで通ってくださったありがたい生徒さん方々。僕はみなさんに一度もお会いしていないんですけれど、これだけは自信があります。
 
教室長の吉澤は、誠実に、正直に、それこそ精一杯、塾講師としての責務を果たしたのではないでしょうか。
たった一人在籍する3年生の生徒さんに対して、決して手を抜くことなく、採算を省みることなく、できることを全てやりきったのではないでしょうか。
 
これが僕ら斗満ismなんです。正直に、誠実に、愚直に、できることを精一杯やる。生徒さんにもこれを強制する。これです。
 
僕らは必要とされて存在する。これを喜びとする。


 
まだまだ開校半年の久米川教室。生徒さんも僅少です。教室長の吉澤、全然余裕があります。教室も広々です。

 
週に30時間は通えます!マジか〜


 
 
もうTOMAN久米川に通わない理由がわからない〜!




体験授業のお申し込み、お待ちしております<(_ _)>
 
 



カテゴリ:

< 2018年斗満学院の選び方(前半)  |  一覧へ戻る

同じカテゴリの記事

2018/02/24

2018年斗満学院の選び方(前半)

8教室ある斗満学院。お住まいによってどちらの教室に通えばいいのか迷われる方もいるかもしれない。そこで、塾長馬渕がそれぞれの教室の特徴を紹介しますね、の第三弾。   今春は若干の異動が…


このページのトップへ