HOME > 久米川教室 > 教室長紹介

久米川教室

教室長紹介

吉澤 学
Manabu Yoshizawa
"合格でなければ意味のない受験"そんな受験には絶対にさせたくない。
2017年7月3日(月)より、新教室・TOMAN久米川教室を開校します。
担当いたしますのは、TOMAN歴10年。わたくし吉澤です。
杉並区の桃井教室、練馬区の石神井台教室を担当し、多くの生徒さんのお世話をさせて頂きました。
この度、東村山市はじめての教室ということで、かなり緊張した幕開けとなるかもしれません。

生徒さんお一人おひとりをとことん大切にしたい。


これまでも、そしてこれからもその思いを大切に、新教室を大いに盛り上げていきたいと考えています。
至らぬ点多々あるかもしれませんが、何卒宜しくお願いいたします。

僕の教室運営、基本的な考え方は以下の通りです。

「うちの子は勉強の仕方がわからないんです。」とおっしゃる保護者の方をよく見受けます。
お子さんは携帯電話やスマホに夜遅くまで向き合っていませんか?
テレビを毎日2時間以上見たりしていませんか?


本当に「勉強の方法がわからない」生徒さんの場合、こちらが提示した課題や勉強方法ですぐに改善できるでしょう。
しかし、単に「勉強をしていないだけ」の生徒さん、大変多いように感じます。

僕は毅然とした態度で彼らに臨みます。
そして、必ず勉強時間を確保させます。もちろんその上で最も効率的な学習方法を探して提示致します。

生活習慣(態度)についてもかなりウルサイです。
まずは、お子さんの机周りをご覧ください。そうです。お掃除から始めましょう。
日頃から言葉をしっかり発して生活している子と、聞かれたことに対して首を縦か横にしか振らないでいる子。
一言で言えば国語力。生活面からくるものがほんとうに大きい。そう感ぜずにはいられません。
塾内では発話によるコミュニケーションを重要視します。
挨拶、返事、質問は自らが行う。これらはとても大切なことです。

「うちの子は自分から質問できないんです。」そういう声もよく聞かれます。
けれど、自分から質問できるようにする練習は、社会に出るまでにしないといけませんよね。
上記のようなお子さんに対して、まずは当然歩み寄ります。その後日々の生活の中でも自ら発話できるよう働きかけます。

一見、厳しいだけのような印象を持たれるかもしれませんが、教室はいつも笑顔でいっぱいです。
卒業生からは、「厳しいけど楽しい」、「先生なんだけど、何だか親っぽい」そんな声を聞きます。
他所の塾講師にはない不思議な温かさも感じて頂ける、そう自負しております。

わたくしから、通塾する生徒さん達に共通して心がけて頂きたいことがございます。

それは、

嘘をつかない・約束を守る・塾に必ず来る
   
これらを守って頂ければ、どんな成績の生徒さんでも責任を持ってお世話させて頂きます。
そして、お子様の努力を最大限引き出すことをお約束します。僕たちと一緒に頑張ってくれる生徒さん、大歓迎です。

新しい土地、久米川。TOMANという名前すら誰にも知られていない場所。
まずはTOMANを知って頂きたい。吉澤を体験して頂きたい。
そこで、久米川新教室では、
夏期講習中といえど、新規の方は無料体験授業としてご参加いただけます!
 
実際に入塾して頂けるかどうか、じっくりご検討下さい。
気になる今後の授業料等もチラシやHPに掲載させて頂きます。

ご相談やお申込み、宜しくお願い致します。

 教室長の吉澤です。好きな言葉は「ジョウネツ」です。

このページのトップへ