HOME > 大泉南教室 > 教室長紹介

大泉南教室

教室長紹介

中村 光成
Mitsumasa Nakamura
「生徒の努力そのもの」に価値がある。

はじめまして、大泉南教室で教室長を担当しております中村と申します。

塾講師を始めて14回目の受験生の送り出しを先月に終えました。そして、6年間勤めた下井草教室を離れ、この地で気持ちも新たに、日々奮闘しております。


さてさて、最近お子様を指導していてよく感じることは「自分の限界を決めつけている子が多い」と言うことです。
たとえば、私がちょっと多めの暗記の宿題を出したとき、子どもたちは口を揃えて「無理~!」と初めは言います。


しかし、苦戦しながらも、多くのお子様は何とか乗り切ってくれます。
自分では「無理」と思っていることでも、いざ本気でやってみると、案外できたりするものです。

もちろん、一生懸命やったって上手くいかないときだってあります。
でも、真剣に取り組んでさえいれば、その子には「一生懸命やった」という経験は間違いなく身に付きます。
そこからもう一度立ち上がり、再度しっかりと時間をかければ、きっと次こそはゴールに辿り着けるはずです。


そして、単純に努力が足りなかったお子様には、授業が無い日でも塾に来てもらいます。
そして、覚えるまで必ずやらせ続けます。(この必ずが大切なんです!)

「次までに覚えてきます」は斗満では通用しません!

 

「自信がないからやらない」のでは物事は何も進みません。自信とは「やって身に付けるもの」です。
初めから無理だと決めつけず、真の自分の限界に挑戦してみましょうよ!

テストや受験というものがある以上、成績や得点が大切であることは当たり前です。
しかし、成績で評価されるのは人生でほんの数年だけです。

私は「生徒の努力そのもの」を最も大切に考えています。


学業において戦うべき相手は、いつだって「自分自身」です。

自分自身をごまかさずに、目標に向かって真正面から立ち向かっていく。
そんな「努力の天才」を育て、そんな子たちにとことんまで付き合っていく。

それが斗満学院です!

「頑張りたいけど頑張り方がわからない…」
「頑張んなきゃいけないことはわかっているけど、どうしても自分に甘えてしまう…」

そんなお子さんこそ、是非我々に指導させて下さい!!!